誘導灯

誘導灯のLED化を
​ご検討の事業者様

年間100件以上の誘導灯施工実績のある​ニッセー防災へぜひご相談ください

​>対応エリアはこちら  ​>価格目安はこちら

​ 誘導灯とは・LED化とは

3.png

▶建物の非常口の位置を示すために「消防法」により設置が義務付けられる24時間常時点灯の照明器具です

​▶停電時にも点灯し続ける必要があるため、内部にバッテリーを有しています

​▶設置・交換工事には電気工事士の資格に加え「消防設備士」の資格が必要です

​▶政府のエネルギー政策「2030年までの全照明器具のLED化」に向け、各メーカーが蛍光灯器具の生産を中止

▶従来の蛍光灯タイプからLED式への移行が必要です

​交換が必要な蛍光灯タイプ誘導灯の例

1/1

​ LED化をするべき6つの理由

図1.png

電気代の節約

「常時点灯」の誘導灯だからこその高い節約効果。蛍光灯と比べ78~90%程度の電力削減が可能です

図3.png

害虫フリー

紫外線を発しないLEDは、蛍光灯に比べ虫が集まりません。死骸などによる汚れを防ぎ、見栄えを保ちます

図6.png

チラつきなしでストレスフリー

​蛍光灯のチラつきは周囲の人にとってとても気になりますが、通電により瞬時に点灯するLEDでは心配無用です

図2.png

圧倒的な長寿命

白熱電球1,000~2,000時間、蛍光灯6,000~12,000時間に対し、LEDの寿命は40,000~60,000時間と圧倒的

図4.png

省エネなのに高輝度

LEDはほぼ全てが可視光線(目に見える光)蛍光灯よりも小型で明るく、避難時に高い視認性を誇ります

図5.png

高い安全性

蛍光灯の外部はガラス製。LED素子は衝撃に強く小型化されているため、地震等で万が一落下してもより安全です

(参考資料)消費電力の比較

C級(小型10W)片面タイプの場合

image01.png

B級(20W)片面タイプの場合

image02.png
banner_1200.png

■​ 本体交換目安料金

既存の取付方法・施工方法・数量・物件所在地等によって価格は前後いたします

 

消防への届出及び設置後の検査が必要となった場合は別途費用が生じます

​その場合は図面の有無などを含めお見積りをさせて頂きます

主な対応エリア

%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C_edited.png

県東部を中心に静岡市内・伊豆半島南端までをカバー

比較的温暖な地域から寒冷地域まで幅広い静岡県。

海に隣接した地域では潮風による機器の劣化が早い等の特徴もありメンテナンス時は早期発見と予防策の提案をしております。

​また地震等の災害への対策として、非常食その他防災用品のご提案・販売を創業以来行っております。

富士吉田・甲府エリアを中心に

​県内全域をカバー

気温の変化が大きいことで、スプリンクラー等、水系の消火設備は配管内の気圧変化等による誤作動にも注意を要するエリアです。

様々な設備に対処できるスタッフが常駐しております。

%E5%B1%B1%E6%A2%A8_edited.png
20210828_13571416893.png

箱根町の宿泊施設等を中心に

西部エリアをカバー

箱根町の宿泊施設(ホテル・ゲストハウス・保養所等)を中心に点検のご依頼を頂いております。

​チェックアウトやチェックインの時間等に配慮しつつ、大勢のお客様が確実に安心して施設を利用できるように、設備の維持管理についてアドバイスさせて頂きます。

 
89月CPバナー.png